今からちょうど2年前、旦那と3泊4日の香港・マカオ旅行に行った時の話です。大手旅行会社で旅行申し込みをした際に、オプションで香港島のツアーが無料でつける事ができると聞き、特に予定がなかったので申し込みをしました。無料のツアーは香港の名所、ビクトリアピークに連れて行ってもらったり、飲茶のランチがついたり、免税店でお買い物ができたりとなんで無料なのにこんなサービスが良いんだろう?と思っていました。バス移動で、ツアー客はどこに行くか分からない状況の中、香港の中心部から少し外れた道路を進んで行きました。賑やかな中心部と違い、人通りも少なく、地元の人が生活しているような場所でバスが止まりました。ここはどこだろ?と思いながらバスを降り、工場のようなところに通されました。工場の裏手みたいな所を抜けると、室内に通されました。中に入ると白い枕がたくさんありました。そこでこの無料オプションのカラクリに気づきました。ツアー客全員小さい部屋で椅子に座らされ、テンションの高いおじさんから枕の説明をひたすら受けました。向こうの部屋には別のグループが説明を受けています。その枕は高反発の枕というもので、低反発枕はよく聞くけど、その逆!?と少し食いついて聞いていました。実際に寝てみるとゴムみたいな弾力がなんとも言えない心地よさでした。高反発なのは枕だけでなくベッドもあり、旦那がその高反発ベッドに横になってるとこっそり店員さんが旦那の体の下にメガネを入れました。旦那はメガネの存在にまったく気付かず、そしてメガネも無傷!というようなパフォーマンスもされました。それが枕としてどのようなメリットがあったかは忘れてしまいましたが、不思議な高反発枕という事を今でも覚えています。日本に帰国し、土曜の夜9時から始まるご長寿クイズ番組を見ていました。その日はシンガポールがテーマだったのですが、見たことのあるような枕が映像に映っていました。天然ゴムで作った枕のようで、あれ?っと。香港で紹介された高反発枕と同じ物がそこにありました。一緒に見ていた旦那も思い出したようで、その高反発枕がやっぱり欲しいと言い始めました。そのためにまた香港に行く!とまで言い始めて困りましたが、ドンキホーテで同じような高反発枕を誕生日に買ってあげました。香港だけでなく、シンガポールも旅行会社の無料のオプションで枕屋さんに連れて行かれるのかなぁーと思いました。